家族の理想を実現した住まい!建売住宅よりも難しい注文住宅で成功するためのポイントをご紹介!

当サイトは家族の理想を実現した住まい作りのためになる、建売住宅よりも難しい注文住宅で成功するためのポイントをご紹介しています。
オーダーに合わせて建築する家ならではの注意点を知っておけば、きっと納得の住まいを手に入れることができるでしょう。
費用によって大きく変わるのが注文建築の住宅です。
どの程度の費用をかけて作りたいかによって、出来上がりが変わってきます。
注文建築の住宅の間取りは、家族の将来を考えて決めるのがおすすめです。

家族の理想を実現した住まい!建売住宅よりも難しい注文住宅で成功するためのポイントをご紹介!

住宅に対するこだわりを持っているので、理想に合うような自分の思い通りの注文住宅を作りたいという人は多いのではないでしょうか。
しかし理想となるポイントをただ詰め込んだだけでは、かえって暮らしにくくなる可能性もあるため注意が必要です。
建売住宅は無難に作られていますが、一般的に使いやすいとされている間取りでもあります。
その点自由度の高い注文住宅は自由になることが多い反面、間違うと暮らしにくいのでよく相談しつつ建てる事が大切です。

理想やこだわりを追求した住宅を建てられると話題の注文住宅とは?

注文住宅とは、理想やこだわりを追求することのできる自由設計のできる住宅になります。
間取りや住宅設備、外装・内装などをフルオーダーすることができ、耐震強度の高い住宅を建てたい、防音室が欲しい・中庭が欲しいなど理想を叶えることが可能です。
注文住宅とは自由な住宅ですが、自分達で全てを決めるのが難しいというケースも多いです。
そんな時には業者が用意した間取りや設備の決められた範囲の中から決める、セミオーダーという方法を行えます。
間取りなどはいくつかパターンが決められていたり、キッチンやバスなどの設備は決められた機器の中から選ぶという形になります。
セミオーダーと言っても選べる範囲が広く、業者によっては外壁の色やクロス、床材などを自由にできるなど決められることも多くなっています。
ただし、自由にできる分だけ予算がオーバーしがちなため注意が必要です。
こだわりたい部分に力を入れ、こだわらない部分のコストを抑えるなどの工夫をすることで予算内に収めるように心がけます。

自由度の高い家づくりをできるのが注文住宅のメリット

新築の家を購入する際に、大きく分けると分譲住宅と注文住宅に分けられます。
分譲住宅は決められた規格で作られた家で、出来上がっている家を購入することが多いです。
あらかじめ出来ると予定されている物を購入するということも出来ますし、その場合は若干オプションを変更することも出来ますが基本的には決められています。
一方注文住宅は土地を購入して設計などから始まり、外装や間取りや内装まで全て1から決めることが出来ます。
この自由度の高さというのが最大のメリットともいえるでしょう。
それぞれ長所と短所がありますが、思い通りの家にしたいという場合は注文住宅を選ぶと満足度も高くなるでしょう。
生活スタイルや家族構成に合わせて間取りも作っていくことが出来ますし、部屋の数も人の流れも決めていくことが出来ます。
設計が出来なくてもイメージや希望を伝えると、それを形にしてもらえるのでそれは大きなメリットとして挙げることが出来ます。

時間がかかる注文住宅のデメリット

自分達の理想などを現実にする事ができる家を購入する方法として、注文住宅は多くの魅力がある手段の1つです。
デザインなども自由に決める事ができ、間取りや動線なども考慮して理想通りの家を手に入れる事が出来ます。
ただしマイホームを手に入れる様々な方法から考えると、注文住宅の場合は時間がかかるという点がデメリットの1つです。
建売などの分譲住宅の場合は、既に家が建てられている状態で販売されています。
そのため購入から契約を経て新たな生活をスタートさせるのに、早い場合は1ヵ月程度でも可能な場合が多いです。
注文住宅の場合は土地探しから行う必要があり、エリアを限定していたり予算の関係がうまくいかず土地探しから難航する場合もあります。
また土地が決まって家を建てるとなると、デザインを考えて建設がスタートして完成するまで平均すると7ヶ月から1年以上かかるケースも多いです。
実際に生活がスタートできるまで長い時間が必要となるので、その点も考慮する事がポイントとなります。

理想の注文住宅を建てるために必要な予算

普通の住宅よりも設計と施工でコストがかかるので、一般的な注文住宅の建築費用は3000万円程度になることも珍しくないです。
しかしローコスト住宅を手掛けるハウスメーカーを活用すると、低予算で理想のマイホームが実現できる場合も多いです。
最初に様々な会社に見積もりを依頼すると、施主の希望する金額でイメージに近い注文住宅を建てることも十分に可能です。
ところが建物の外観や室内のインテリアにこだわる場合には、設計費用が高額になることもあります。
建物本体の建築費用に加えて、5パーセント程度の設計費用を見積もるのがポイントです。
そして敷地が斜面や地盤が軟弱な場所にある場合には、建物を建築する前に土地を強化する工事が必要になります。
更にフェンスやカーポートを設置するときには、エクステリア工事の資金も用意するべきです。
相談しやすいハウスメーカーを活用すると、総費用の見積もりや関連工事の手配などのサポートも受けられます。

参考になる注文住宅で失敗した事例

分譲住宅は、工務店や不動産会社が企画して建てられている物件です。
すでに出来上がっている物件を購入するということも有れば、企画の段階で購入の申し込みが出来るものも有ります。
タイミングが合えばオプションなどを追加したり、変えたりすることが出来ることもあるでしょう。
一方注文住宅ですと、1から自分達で決めて相談しながら作ってもらうことが出来るのが最大の特徴です。
思い通りに仕上がるというのは良い点ではありますが、注文住宅でも失敗してしまうという例があります。
それは、その時に良くても数年後にお子さんが成長したことで生活スタイルも変わって間取が合わなくなってしまったりすることです。
想像をしながら予想をして家を作っていくことが求められますが、上手くいかないことも有りますので要注意です。
具体的には色いろと例がありますので、体験談などを参考にしますとその失敗例を探すことが出来ます。
予算よりも大幅に高くなったということもあります。

おしゃれで個性的な注文住宅の外観

注文住宅の最大のメリットは、1から10まで好きに出来る事です。
分譲住宅の場合は出来上がってから購入するパターンが多いですし、そうでないにしても途中でオプションを若干変更出来る程度でベースとなるものは変えることが出来ません。
そのため仕上がりもある程度満足できたとしても、完成したという喜びは注文住宅ほどではないでしょう。
一方自分で1から作り上げることが出来る注文住宅であれば、外観も好きなように設計をしたり依頼をすることが出来ます。
基本的にはそういったことはプロに任せることになりますが、イメージを伝えればそれに近い形で設計をしてもらうことが出来ます。
外観は第一印象にも関係してきますし、こだわりのある家にしたいのであれば厳選して考えていくことが大事です。
予算にもよりますし、法律に沿って屋根の大きさや建物の高さも決めなければなりませんが、そういった所でクリア出来るような中で最大限の要望をかなえてもらうことが出来ます。

建築会社ごとに違う建てられる注文住宅の特徴

注文住宅を建てるとなれば、自分たちファミリーがどのような間取りにしたいとかデザインの建物にしたいのかなど、自由度の高いプランニングが可能だという点に魅力を感じていらっしゃる方も多いでしょう。
シンプルでスタイリッシュな和モダン住宅であったり、欧州のテイストが感じられる洋風住宅であったりと、その好みは多様です。
都会的で洗練されたデザインで重厚感のある邸宅風というのも良いものですし、レトロな趣のある落ち着いた雰囲気も捨てがたいものです。
そこで重要なのは、好みのデザインを得意としている注文住宅メーカーや建築会社を選ぶということです。
建築会社によって、建てる注文住宅のデザイン傾向がそれぞれ異なりますから、自分たちのフィーリングに合った建築実例があるメーカーに問い合わせてみると良いでしょう。
また、似たような外観デザインでも、工法に違いがあったり住宅性能などにもそれぞれの特徴が見られたりするものです。
納得のいく注文住宅の実現のために、複数の事例を比較検討しておくことがおすすめです。

注文住宅は建築会社の選び方が重要

理想の住まいを手に入れるため、注文住宅を選択する人はたくさんいるのですが慎重に建築会社を選ばなくてはいけないです。
建築会社の技術力が高いほど難しい施工実施できるため、理想に近い住まいを手にいれることが可能です。
同じように見える建築会社でも技術力が違っているので、すぐに判断するのはよくありません。
まずは在籍している職人の質をチェックしていき、優秀な人材がたくさん在籍しているのか見極めなくてはいけないです。
判断するためにも口コミを確認するだけではなく、在籍している職人と積極的にコミュニケーションを取ることがポイントです。
また設備や機器などに注目していき、こちらが希望している注文住宅を問題なく建築できるのか判断することも必要になります。
建築会社の選び方として、このようなポイントに注目していけば、できる限り優秀なところを見つけることが可能です。
トラブルやアクシデントを避けるためにも納得できるところに注文住宅の依頼を行い、建築してもらうことが大切です。

シミュレーションを繰り返して決める注文住宅の設計

分譲住宅と異なり、設計や外装や内装や間取まで、1から決めることが出来るのが注文住宅です。
設計が出来る方はほとんどいないと思いますし、設計士にまかせることになります。
イメージを伝えてそれを形にしてもらうことが出来ますが、具体的にどういったイメージなのかもわからないという事で困ってしまう方も多いのではないでしょうか。
そんな時には注文住宅の見学会などを訪れて、シミュレーションをするのもありです。
様々なシミュレーションが出来る方法を取り入れていますし、住宅展示場でもわかります。
体験してみるとそれぞれの家にはどういった人の流れが欲しいのか、間取なども分かってくるかもしれません。
注文住宅であれば家族構成や生活スタイルに合わせて、1から組み立てていくことが出来ます。
要望を形にしてもらうことが出来ますし、そのイメージを膨らませていくことが求められます。
イメージが沸かない時には、まずは展示場に行ってみる事をお勧めします。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅で成功するために

当サイトは家族の理想を実現した住まい作りのためになる、建売住宅よりも難しい注文住宅で成功するためのポイントをご紹介しています。オーダーに合わせて建築する家ならではの注意点を知っておけば、きっと納得の住まいを手に入れることができるでしょう。費用によって大きく変わるのが注文建築の住宅です。どの程度の費用をかけて作りたいかによって、出来上がりが変わってきます。注文建築の住宅の間取りは、家族の将来を考えて決めるのがおすすめです。

Search